対人感覚の変化

2020/06/24 23:19

このあいだようやく髪を切りに行きました。(遅い)
1週間後のことを予約するのってなんか億劫なんですよね…
なんか1週間のあいだに別の大事な予定が入るんじゃないかとか思ってしまう。
そもそも予定なんてそうそう入らないですけどね…(´ω`;)

美容室ってシャンプー気持ちいいわ髪切ってもらうときの落ち着いた雰囲気もいいわですごく癒される印象がある場所なのですが、今回はちょっと感じ方の変化がありました。
終始なんとなく緊張してるんですよね。
特に、一番最初にシャンプーしてもらってるときはどうしても体がこわばってしまった。
特に何か恐怖感とかを感じたわけでもなく、それどころかシャンプーの腕がとてもいい人に当たったのに…。

考えてみれば、美容室ってどうしても身体的接触が発生する場所だなと。
新型コロナウィルス以降はじめてここまで他人と距離を詰めました。

少し前にある論説を読んだのですが、コロナ以降人々のあいだで他人との接触は危ないものだという考えが無意識のうちに生まれていて、それを意識のレベルに引っ張り出す必要があると書かれていましたが、なるほどこういうことかと思いました。
まだウィルスの脅威は終わっていませんが、たとえそれが終息したとしても、こういった無意識の埋め込みは自身の中で顕在化しない限りにおいてはなかなか簡単に変わるものではないですよね。ましてや集団経験に基づく変化なので、終息後も対人感覚が一般的に広く変化する可能性があります。

次こそはシャンプーで癒されにいきたいなー…(;ω;)

メッセージを送信する

記事へのメッセージは投稿者にのみ届きます。こちらには表示されません。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。