効率性が頭を占領する非効率

2022/01/12 22:16

現代は多様性の時代とよく言われますが、何かを勉強する方法も同じように多様化しています。例えば英語を学習しようと思ったとき、本を読むこともできれば、塾に通うこともでき、動画を見ることもできます。これらのカテゴリの中でも個々の製品やサービスが三者三様のアプローチをします。例えば塾の中でも会話に特化した塾もあれば、オンラインで受講できる塾もあります。そしてそれぞれの製品やサービスが「これが簡単に素早く身につく」のだとプレゼンテーションを行います。最近ではこのような尖った言葉さえ見かけます。「あなたの学習方法、間違ってませんか?」

多様なサービスの中で自分を手に取ってもらいたい製品たちの声高な主張は、私たちのそばで昼夜を問わずこだましています。強い言葉の残響の中に常に身を置いていると、次第に自分のやり方に疑問を抱き始めます。「もっと効率のいい方法があるんじゃないかな?」

もし効率のいい方法で勉強していたとしても、効率性に対する不安が頭を占めることによって非効率になるのはとんだ皮肉ですね。最近語学を勉強していて時々そんな気分になります。一朝一夕でできるようになるものではないのに、なかなか身につかなくて疑心暗鬼になります。うさぎとかめの寓話でも唱えながら、かめになった気持ちで少しずつ歩みを進めるのがきっといいですね。

コメントを書く

明けました2022

2022/01/05 0:52

2022年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始はだらだらしていたのでイラストを描くのが遅くなりました。パッと思いつきで描きましたが、木漏れ日を題材にしているのが去年と同じですね…

コメントを書く

2021年総括

2021/12/31 19:36

2021年も残すところあと数時間です。今まで生きてきてここまであっという間に終わった一年もなかったかと思います。

感染症の災禍がいまだに続く中で、ほとんど外に出ない一年を経験しました。友達とオンラインで会話することはあっても、直接会ったことはほぼありませんでした。毎日何かしらのイベントが起きていても記憶の襞からすり抜けてしまうのは、恐らく人の記憶が身体の運動や場所に紐づきやすいからで、それこそがこの一年があっという間だった一因なんだと思います。

同じく感染症の災禍の下にあった一年前の今頃、新年のイラストをしたためました。

遠からず災禍が終息して元通りの日常が来るのだという思いを込めて描いたのですが、蓋を開けてみたらとんでもなかったですね。近頃動画広告などであたかも日常がすでに戻ったかのようなものが増えてきましたが、これも人間の逸る気持ちですね。来年がどんな一年になってももう驚きたくはないですが、焦燥感に振り回されない一年を過ごしたいです。

コメントを書く

DQ5仲間モンスターズ70体

2021/12/28 15:39

機会があってPS2版DQ5の仲間モンスター全70体を描かせて頂きました。せっかくなのでこちらでご紹介します。制作にかけた時間は丸3日で、だいたい1枚30分ペースを意識して描きました(オーバーしているものも多々あります)。急いで描いているので結構粗が多いです。
以下制作順に並べております。PS2版DQ5は私が初めてプレイしたRPGでもあるので思い入れがとても深く、描いていてとても楽しかったです。

ベビーパンサー
■ベビーパンサー
DQ5を何周しても彼の名前は「チロル」。もうちょっと苦戦するかと思ったらすんなり描けました。

スライム
■スライム
これ以降のスライム系すべてに言えることですが、顔のバランスを取るのがすごく難しかったです。このスライムはすべて描き終わったあとに顔を描き直しました。

ブラウニー
■ブラウニー
イメージは会心の一撃。

続きを読む

コメントを書く

アニメが海外で親しまれる理由

2021/12/15 16:17

日本のアニメはひょっとすると日本人が想像しているよりも強く海外で広がっているようです。海外の方とお話ししていると、大半の方が日本語を学習するようになったきっかけとしてアニメやVtuberを挙げています。最近見かけた記事で、世界でよく学ばれている言語として日本語が上位にランクインしたというものがありました。体感レベルでは先に挙げたようなコンテンツの力なのではないかと考えています。

さて、言語を習得する上で切っても切り離せない壁が音の聞き取りです。最近自分が英語を勉強するようになって一番苦しいと感じるのがこれです。文字で起こしてもらえればある程度はわかる。教材チックなリスニング用音声などもある程度はわかるようになってきた。しかし、英語のゲーム実況動画などを見ても早すぎて何言ってるのか全然わからない。所詮は試験問題じみた箱庭の中から出られないのか、私の英語力は。などと打ちひしがれていたときでした。

続きを読む

コメントを書く