体を動かさなければ食は細くなる

2020/07/21 0:05

4月以降外出する機会がめっきり減ったので、意識して体を動かす機会を作っていました。2~3日に1回、室内でできる運動を30分行うといったものです。

この運動自体は4月になって急に始めたわけではなく、去年の秋から週に1度やるかやらないかくらいのペースで続けていたものでした。当時周囲でにわかに運動ブームめいたものがあり、なんとなく乗っかってみたのがはじまりでした。その頃は仕事がつらい時期で落ち着いて娯楽を楽しめる余裕がなかったんですよね。そして季節は食欲の秋。いっぱい運動すればたくさん食べられて、たくさん食べられれば幸せな気持ちになれる。おいしいものを食べて手軽に満足感を得たかったがため、躍起になって運動に励んでいました。

ですが先日軽く体調を崩してからしばらくサボり気味に。食べることに楽しさを見出してしまった今、これまで均衡を保っていたカロリーの摂取と消費が一転、摂取がひとり勝ちして一気にはかりの目盛りに表れないかが怖かった。
しかし予想外なことに、運動をしなくなったら一気に食欲も減っていきました。お昼の量も3分の2程度に減って、仕事の合間に必要不可欠だった間食も別になくても大丈夫、程度になりました。

人間って動いてるから食べたくなるんだなあと、ごくごく当たり前のことに気づいたこの頃でした。
とはいえ体を動かした方が体力は確実につくので、また体を動かそうとは思います。

メッセージを送信する

記事へのメッセージは投稿者にのみ届きます。こちらには表示されません。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。