【DQX】盟友カミル

2020/09/03 0:24

※この記事はDQXバージョン4.1のストーリーに関するネタバレを含みます。

DQXオンラインより、勇者の盟友カミル氏です。

先日バージョン4.1をクリアしました。
別のコンテンツで既に結末が知らされている物語でしたが、その顛末を追うという仕組みが新鮮に感じられたお話でした。カミルは飄々として中性的ですが、それが却って色っぽいというか、魅力的なキャラクターだと思います。物語から切り離して単にキャラクター性だけを見れば、今のところDQXの数多のキャラクターの中で1、2を争うレベルで好きかもしれません。

と絵まで描いて持ち上げるだけ持ち上げておきながら、バージョン4.1の物語の中で一番印象的だったのは彼女ではなく、ヴィスタリア姫です。株爆上げ姫ですね。

勇者アルヴァンと盟友カミルが恋仲であることはわかっている状態で物語がスタートするので、勇者の許嫁である彼女は二人の仲に割って入るヒール役に映りました。カミルをこれでもかと邪見にする姿を見て、「このじゃじゃ馬姫うるせーな」と思うのに時間はかかりませんでした。

しかし物語が進行するにつれ、カミルに突っかかる本当の理由を知ることになります。最初に予見させた三者間の構図とは全然違った様相が見えてくるんですね。あまり詳しい説明をしても興醒めなので省きますが、彼女もまた難しい状況に置かれながら、ひとつひとつ責任を持って判断し行動するさまは非常に心打たれるものがありました。

勇者アルヴァンと盟友カミルについては結末を知っているので何も予想を裏切ることは起こりませんが、その分彼女の登場から成長は予想外の連続で、物語に脈動をもたらす存在だったのではないでしょうか。

今バージョン4.2のストーリーを途中まで進めていますが、野郎に次ぐ野郎の登場でちょっとだけ悲しい…(´・ω・`)とはいえ、グリエ王子はかわいいですけどね。

メッセージを送信する

記事へのメッセージは投稿者にのみ届きます。こちらには表示されません。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。